[PR]

 日本オリンピック委員会(JOC)が平昌冬季五輪の代表選手の壮行会や報告会を非公開としたことについて、菅義偉官房長官は27日の記者会見で「選手の皆さんを支えてきた企業や学校の選手を応援したい、活躍をたたえたいという気持ちをどう考えるかだ」と述べ、公開が望ましいとの考えを示した。

 菅氏は「2年後に控える東京大会を一層盛り上げていこうということにどう応えていくのか。国民の目線は大事だ」とも強調。壮行会などが宣伝目的に利用されることを警戒するJOCを「考えすぎだ」とした。

 日本私立大学協会は同日、代表選手の母校の壮行会が非公開となるケースが相次いだことを受け、公開を求める要望書を鈴木俊一五輪担当相に提出。鈴木氏は「重く受け止める。東京五輪・パラリンピックの足かせになることもある」と応じ、改善の必要があるとの見解を示した。

 JOCは「五輪の知的財産保護の指針」を厳格に適用し、壮行会などを公開できるのはスポンサーや自治体、競技団体に限定。選手の在籍する学校や企業で混乱が広がった。その後、平昌五輪に限って、生徒募集などの宣伝活動に利用しないことを条件に学校主催の報告会は公開を認めたが、企業の報告会は非公開のままとしている。

こんなニュースも