[PR]

 性機能改善薬「バイアグラ」の偽物を持っていたとして、愛知県警は、大阪市生野区新今里3丁目、自称自営業高宗玄容疑者(44)=韓国籍=を商標法違反(商標権侵害)の疑いで現行犯逮捕し、27日発表した。容疑を認めているという。

 生活経済課によると、高容疑者は26日、自宅で、ファイザー社製「バイアグラ」の模造品30錠を譲渡目的で所持していた疑いがある。ほかに、バイアグラなど性機能改善薬の模造品約10万錠もみつかった。

 県警は昨年8月、県内の電柱に貼られた「バイ○グラ」などと書かれたチラシを発見し、捜査を開始。今年1、2月に愛知県や大阪市の模造品の密売人の男女4人を逮捕し、4人に商品を供給していた高容疑者を特定したという。

 このうち、愛知県の密売人は、模造品の販売で2010年ごろから約1億8千万円分売っていたという。県警は、高容疑者が模造品を仕入れて密売するグループの中心人物とみて調べている。