[PR]

 韓国前大統領の朴槿恵(パククネ)被告と韓国の財閥グループを巡る贈収賄事件の論告求刑公判が27日、ソウル中央地裁で開かれた。検察は朴被告に懲役30年、罰金1185億ウォン(約118億円)を求刑した。同地裁は4月6日午後に朴被告に判決を言い渡す。

 朴被告はこの日、地裁に出廷しなかった。同被告は検察の取り調べについて「公平性が疑われる」と批判したことがあり、裁判に強い不満を示していた。(ソウル=牧野愛博)

こんなニュースも