[PR]

 2005年に栃木県今市市(現日光市)の小1女児(当時7)が殺害された事件で、女児の右目の下に粘着テープをはがされたとみられる傷があり、その周囲から勝又拓哉被告(35)=殺人罪などで一審無期懲役判決=でも警察関係者でもない第三者のDNA型が採取されていたことが朝日新聞の取材でわかった。

 専門家は、犯人が女児の顔から粘着テープをはがした際に付着したDNA型の可能性がある、と指摘している。

 関係者によると、女児の顔には、幅約2センチ、長さ約14センチの平行に走る2本の線状の皮膚の変色があった。栃木県警が捜査段階で山田良広・神奈川歯科大大学院教授に嘱託したDNA型鑑定では、この周辺から第三者のDNA型が見つかったという。女児を司法解剖した本田克也・筑波大教授は、朝日新聞の取材に対し、傷はテープをはがした際に犯人がつけた可能性がある、と指摘。第三者のDNA型は「犯人の指と爪の細胞から検出された可能性が極めて高い。犯人に結びつく証拠として極めて重要だ」と述べた。

 山田教授のDNA型鑑定では、女児の頭についていた粘着テープから別の第三者のDNA型が見つかったことがすでに判明。弁護側は控訴審で新たに提出している。検察側は、粘着テープの指紋検出のためにハケやピンセットを使い回したため、「不特定多数のDNAが付着した可能性が否定できない」などと反論している。だが、顔の傷についてはこれまで反論しておらず、弁護側は勝又被告の無罪を裏付ける重要な証拠として、今後の審理で追及していく考えだ。

 一方、検察側が東京高裁に求めた殺害日時と場所の幅を持たせる訴因変更について27日、弁護側は反対の意見書を提出したことがわかった。弁護側は主張の詳細は今後の公判で明らかにする、としている。(梶山天〈たかし〉)