[PR]

 これからのフィギュアスケート界は、どうなるのか。平昌冬季五輪男子で66年ぶりの連覇を達成した羽生結弦(ANA)が27日、日本記者クラブで記者会見し、持論を語った。

 平昌五輪のフィギュア男子では、4回転ジャンプを4回以上跳ぶような若手選手が続出し、ハイレベルな戦いになった。羽生自身も「(2014年)ソチ五輪の後は、違う競技をしているような気分になるほど、進化が目まぐるしかった」と会見で認めた。

 では、今後は5回転や4回転半のジャンプが主流になっていくのか。羽生は答えた。

「この50年間においては…」

 「まずこの50年間においては…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら