80歳をすぎてから陸上短距離で世界記録を連発した泥谷(ひじや)久光さん=宮崎県木城町=が先月、亡くなった。ピーマン農家を営む傍ら競技に情熱を注ぎ、大病を乗り越え走り続けた「マスターズ陸上のレジェンド」。突然の訃報(ふほう)にライバルからは惜しむ声もあがった。

 妻の幸子(さちこ)さん(79)によると2月8日に入院した。急性骨髄性白血病。その10日後、家族や友人らに見守られ、静かに息を引き取った。86歳。「安らかに笑顔で眠ったように痛がりもせず立派に逝った」という。

 「退院したら一生懸命練習して、世界記録を出すよ」と幸子さんに話していたが、かなわなかった。

 コーチはおらず、すべて独学だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら