[PR]

 横浜市港北区の2幼稚園で1月、園内で飼育していたウサギ計3匹が行方不明になっていたことが神奈川県警への取材で分かった。同月末には区内の公園で、ウサギとみられる小動物2匹の死骸が見つかった。県警は窃盗のほか、ウサギを殺害した動物愛護法違反の疑いも視野に捜査している。

 港北署によると、1月17日、区内の幼稚園でウサギ小屋の扉が外され、小屋で飼っていたウサギ1匹がいなくなった。約1週間後の25日には区内の別の幼稚園の小屋からもウサギ2匹がいなくなった。いずれも園の職員が気づき、署に届け出た。

 数キロ離れた区内2カ所の公園で30日、刃物のようなもので切りつけられた小動物2匹の死骸が見つかった。署は盗まれたウサギの可能性もあるとみて調べている。