[PR]

 横浜市の横浜横須賀道路で1月、追い越した直後に減速して後ろの車を横転させ、男性にけがを負わせたとして、神奈川県警は28日、自動車運転死傷処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで男(52)から任意で事情聴取を始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針だ。捜査関係者への取材でわかった。

 捜査関係者によると、男は1月13日午前11時半ごろ、横浜市保土ケ谷区の横浜横須賀道路下り線で乗用車を運転し、片側2車線の左車線を走行中のゴミ収集車を追い越して前に入り、急減速して進路を妨害。よけようとした収集車を横転させて、運転していた会社員男性(35)に2週間のけがを負わせ、逃げた疑いが持たれている。

 事故前、乗用車が約2キロにわたって収集車の後ろから極端に接近。収集車は進路を譲ろうと左車線に移動したが、ほぼ同時に乗用車も同じ車線に移ったため、進路を塞ぐ形になったという。収集車や現場付近を当時通った車のドライブレコーダーの映像などから男が浮上したという。