【動画】明治維新後の大津を舞台にした映画「曇天に笑う」に出演した福士蒼汰さんらが、比叡山高校を訪問=真田嶺撮影
[PR]

 明治維新後の大津を舞台にした映画「曇天に笑う」が21日から公開されるのを前に、映画に出演した福士蒼汰さん(24)ら俳優3人が2月28日、撮影に協力した比叡山高校を訪れた。福士さんらは卒業式の練習をしていた生徒らを前に、感謝とはなむけの言葉を贈った。

 映画は県出身の漫画家、唐々煙(からからけむり)さんの人気漫画が原作。映画を支援した滋賀ロケーションオフィスによると、県内では竹生島(長浜市)や日吉大社(大津市)など5カ所で撮影された。同校は日吉大社での撮影の際に、近くのセミナーハウスを貸し出すなどして協力したという。

 この日、同校を訪れたのは福士さんのほか、桐山漣さん(33)と古川雄輝さん(30)の計3人。3人は日吉大社で映画の成功を祈願した後、同校へ向かったという。式の練習途中に突然登場した3人に、生徒らは大歓声。徳島菜月さん(18)は「あまりにもびっくりして、頭が一瞬真っ白になった」。

 1日に卒業式を迎える3年生へ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら