[PR]

 2016年11月の大相撲九州場所期間中に福岡県内で10代の少女にわいせつな行為をしたとして、福岡県警が10代の現役力士を強制わいせつの疑いで書類送検していたことが28日、県警への取材でわかった。捜査関係者によると、力士は容疑を否認しているという。

 少年課によると、力士は、県内で10代の少女に無理やりわいせつな行為をした疑いがある。少女から被害届を受けた粕屋署が任意で捜査し、先月中旬に強制わいせつ容疑で書類送検したという。

 日本相撲協会は「事実確認ができていないので、現段階では何も申し上げられない」と話している。