[PR]

 ゴルフ関連市場が活気を帯びてきた。メーカーが初めての旗艦店を開設し、高価なクラブの売れ行きも好調だ。ゴルフ人口が減るなかで、上向く景気を「追い風」にしつつある。

 デサントは4月、主力のゴルフウェアブランド「マンシングウェア」の大型直営店を東京・銀座に開く。3階建ての店舗にはプレーで着るシャツやパンツといった限定品のほか、ブレザーなどもそろえる。国内で売り始めて50年がたち、「古いイメージがついた」(担当役員)ブランドのイメージを刷新するためだ。デサントは、今年2~7月期の同ブランド売上高で前年同期比10%増を見込む。

 ミズノは、使う人のこだわりに応じてつくるオーダーメイドのゴルフクラブが人気だ。手間がかかるため既製品よりも割高になりやすいが、オーダーメイド品は2017年4~12月期の売上高が前年より2割増えた。住友ゴム工業は、17年12月期の国内ゴルフ用品売上高全体は前年より減ったが、昨年末に売り出したゴルフクラブの高級モデル「ゼクシオ テン」(ドライバーの希望小売価格は税抜き8万円)が予想よりもよく出ているという。

 調査会社GfKジャパンのまと…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら