[PR]

 2月の日曜日、後藤悠太郎さん(21)は赤いセーターに紺のジャケットを羽織って出かけた。向かうのは名古屋市内の福祉施設。

 ある成人式の手伝いを頼まれていた。更生をめざす少年たちの支援者らが開く会だ。

 お祝いされるのは、一つ年下の新成人2人。「お手伝いだけど、ちゃんと正装でね」。そんな言葉が耳に残っていた。

 学校の教室ほどの広さの会場で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら