[PR]

 関西電力は28日、英国とドイツが電気を融通するための送電事業に参画すると発表した。英国東部とドイツ北部の海底約670キロを結ぶ計画で、関電は事前調査や設計に取り組む予定。3月末をめどにプロジェクトの開発会社の株式18.3%を取得する。取得額は非公表。欧州では、国境をまたいで送電線を新設する計画が相次いでおり、関電は今回の参画を足がかりに事業の拡大をねらう。

こんなニュースも