拡大する写真・図版 左から、セレッソ大阪に加入するオリックスの金子、大阪エヴェッサに加入するセ大阪の柿谷、オリックスに加入するエヴェッサ橋本(金子・柿谷はセ大阪提供、橋本はB1大阪提供)

[PR]

 衝撃的な移籍が発表された。J1セ大阪は1日、元日本代表のFW柿谷曜一朗(28)がプロバスケットボールB1大阪に期限付き移籍する、と発表した。また、プロ野球オリックスのエース金子千尋(34)がセ大阪に加入する。オリックスにはB1大阪から若手のホープSG橋本拓哉(23)が加わる。契約期間はそれぞれ、1日午後11時59分まで。

 エープリルフールの1日、大阪・舞洲に拠点があるプロスポーツ3チームによる大型移籍が実現した。セ大阪の顔で、2014年のワールドカップブラジル大会にも出場した柿谷は「競技は全く変わりますが、手と足でしたら足でボールを扱う方が難しいと思うので、ボールの扱いには自信があります」。

 一方、最多勝、最優秀防御率、沢村賞と輝かしい実績を残した、球界を代表する右腕の金子は「野球で培った技術や経験を生かして、チームの勝利に貢献していきたい。武器はGKのタイミングを外す変化球になるのではないか」とコメントした。橋本は「幼い頃から中学1年まで打ち込んできた野球の世界へ、期限付き移籍という形で挑戦することを決めました。愛する大阪にいることは変わりません。『威風堂々』を胸に、自分らしく力を発揮できるように全力投球していきます」と意気込んでいる。(大西史恭)