[PR]

 九州電力の玄海原発3号機(佐賀県玄海町)が、配管からの蒸気漏れで発送電を止めた31日、原発が立地する佐賀県の山口祥義知事は「今日、九電から原因などについて伺う。経緯も含めてしっかり確認したい」と話した。

 蒸気漏れを作業員が確認したのは30日午後7時ごろだが、県に九電から連絡があったのは午後9時ごろだったという。「どんなトラブルだったとしても、まず第一報があると我々も色んな対応ができる。今回どうして2時間程度あったのかは関心事」と述べた。

 玄海原発が立地する玄海町の岸本英雄町長は「ちょっとびっくりした」としながらも、「(九電には)今まで以上に安全に気をつけて作業してほしい」と話した。「今回小さい漏れがわかったということは、(九電は)見過ごさないでしっかりと確認作業をしている」とも述べた。町の担当者によると、役場には町民からの問い合わせなどはないという。(黒田健朗)