[PR]

 元サッカー日本代表MFの鈴木啓太さん(36)が2015年に立ち上げた「AuB(オーブ)」は、アスリートの便から腸内細菌を分析するベンチャーだ。これまで集めたアスリートの便は17競技、700検体に及ぶ。

 会社の標語は「あなたのうんちが世界を変える」。社長の鈴木さん自ら頼み込み、プロ野球・楽天の嶋基宏捕手やコニカミノルタ陸上競技部などから便の提供を受けてきた。便からDNAデータを読み取り、腸内細菌を分析。一般人との比較などから、けがや健康状態との相関関係や運動能力を向上させる「アスリート菌」の可能性などを調べている。

 運動量や洞察力に優れたボラン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら