拡大する写真・図版 トロフィーなどが並ぶ2階の階段踊り場スペースは、選手たちが集まるリラックススペースになる見込み。ビリヤード台も設置されるかも?

[PR]

 6月14日に開幕するサッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で、日本代表はカザンをベースキャンプ地にする。ロシア1部ルビンの施設を借り受け、ケアやトレーニングの設備は充実している。日本の報道陣に公開された3月末に訪れると、地元は協力ムード。チームにとっては申し分ない環境といえる。

トルコ式サウナも

 選手の助けになりそうなのが、「ハマム」と呼ばれるトルコ式サウナ。宿泊棟1階に、日本で一般的な北欧式サウナと隣接して設置されている。スチーム式のハマムは比較的低温ながら発汗作用が得られ、高温が苦手な選手も気軽に利用できる。すぐ隣にはプール、ジェットバスや浴槽が置かれた部屋もあり、温かい風呂と水風呂に交互につかる交代浴などで移動や激闘の疲れを癒やせそうだ。

 宿泊棟は4階建てで、3~4階が個室。1階には医務室、マッサージ室などのほか、食堂とキッチンが併設されている。地下にジム、ランドリー、4階にはミーティングルームがあって、ピッチ外の生活はすべてこの中で完結する。選手が集うリラックススペースも、クラブのトロフィーなどが飾られる2階の空間に設けられる予定だ。

 練習で使う天然芝ピッチには、宿泊棟から徒歩5分もかからずに出られる。空港から施設までは車で30分以内。クラブ関係者によると、6月の気温は例年、昼25度、夜15度ほどと過ごしやすい環境だ。

ピッチは計8面

 天然芝3面と人工芝5面のピッチに、宿泊棟、ユース宿泊棟もある約11ヘクタールの施設は2004年に完成し、16年に改修。ルビンのサヤホフ社長は「最高レベルで(受け入れの)準備をする。ロシア1部で戦うクラブとして、チームのリクエストは理解できる。日本のリクエストには応えるようにしたい」と頼もしい。

 警備も厳しく、基本的には一般非公開。チームが集中できる環境だ。昨年12月のW杯組み合わせ抽選後に視察したハリルホジッチ前監督も納得して、大会中の拠点に決定。当時、日本サッカー協会の技術委員長として選定に関わった西野現監督が引き継ぐことになった。(藤木健