[PR]

 佐藤天彦名人への挑戦権を争う第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終11回戦が2日、静岡市葵区の料亭「浮月楼(ふげつろう)」で指される。「将棋界の一番長い日」と称され、トップ棋士たちが1日がかりで熱戦を繰り広げる。

 対戦カードは、久保利明王将(6勝3敗)―深浦康市九段(4勝5敗)▽豊島将之八段(6勝3敗)―広瀬章人八段(5勝4敗)▽稲葉陽(あきら)八段(5勝4敗)―行方(なめかた)尚史八段(3勝6敗)▽佐藤康光九段(5勝4敗)―屋敷伸之九段(2勝7敗)▽渡辺明棋王(4勝5敗)―三浦弘行九段(4勝5敗)。抜け番の羽生善治竜王(6勝4敗)は全日程を終えている。

 対局は2日午前9時に始まる。持ち時間は各6時間。1日夜は対局場で前夜祭が開かれ、ファンら200人が交流を深めた。

 今期は混戦で、6勝と5勝の6…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら