• アピタル

iPSで心不全治療 心筋シート移植、年内にも臨床研究

有料会員記事

阿部彰芳、合田禄
写真・図版
[PR]

 iPS細胞から作った心臓の筋肉のシートを、心不全の患者に移植する大阪大のグループの臨床研究について、阪大の再生医療を審査する委員会は28日、計画を了承した。今後、厚生労働省の部会で審議され、手続きが順調に進めば今年にも臨床研究が始まる。

 iPS細胞から作った細胞を患者に移植する臨床研究は、理化学研究所などのグループが目の難病の加齢黄斑変性の患者に実施している。ほかの病気ではまだ例がない。

 今回の臨床研究は澤芳樹教授(心臓血管外科)らが計画。血管が詰まって心臓の筋肉(心筋)に血液が十分届かず、心筋が傷ついた虚血性心筋症の患者を対象に、心臓の表面にシート状の心筋細胞を移植し、安全性や効果を調べる。iPS細胞は、京都大iPS細胞研究所が品質を確認して備蓄しているものを使う。

 グループは昨年7月、再生医…

この記事は有料会員記事です。残り511文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら