拡大する写真・図版 ココアを出す村田紀美代さん=大阪市中央区心斎橋筋2丁目

[PR]

 全国でも珍しいココア専門店が2月28日、閉店した。ココアの魅力に「とりつかれた」オーナーの、46年分のこだわりが詰まった店との別れを、大勢のファンが惜しんだ。

 観光客が行き交う大阪市の心斎橋筋商店街と御堂筋の間にある「ココアショップ AKAITORI(アカイトリ)」。その日、店に続く小さな階段に、正午の開店前から行列ができていた。ドアを開けると、カカオの甘い香りに包まれた。30席ほどの店内は所狭しとココアの箱が飾られ、壁にはカカオに関するポスターがずらり。天井には鳥かごがつるされていた。

 10年来のファンという西田律子さん(36)=大阪市=は「オーナーの好みがにじみ出ている、チェーン店にはない隠れ家みたいな場所。閉店はすごく悲しい」とショックを受けていた。

 店は1972年、オーナーの村田紀美代さん(73)が大阪・土佐堀にオープンした。「コーヒーとも紅茶とも違うココアに愛着がわく。楽しく飲める場所が欲しかった」。82年に心斎橋に移転。90年代のココアブームなどに後押しされ、今では30年以上の常連や、東京や北海道から訪れる人もいる。

 注文を受けてから、オランダ産…

この記事は有料会員記事です。残り313文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り313文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り313文字有料会員になると続きをお読みいただけます。