[PR]

 タカラジェンヌを育てる宝塚音楽学校(兵庫県宝塚市)で1日、卒業式があった。104期生40人が、あこがれの宝塚歌劇の舞台に立てる喜びと希望を胸に、声楽やダンス、演劇などのレッスンに2年間励んだ学びやを巣立った。

 式では、黒の紋付きに濃緑色のはかま姿の卒業生たちが一人ひとり名前を呼ばれ、小林公一校長から卒業証書を受け取った。卒業生総代で、兵庫県西宮市出身の越智愛梨さんは「清く正しく美しくの教えを深く心に刻み、誇りある宝塚歌劇団の生徒として果てしない芸の道を歩んでいきます」と決意を述べた。

 卒業生は4月27日から宝塚大劇場(宝塚市)で始まる星組公演で初舞台を踏み、ラインダンスを披露する。(鈴木裕)