[PR]

 自らが住む京都市伏見区の警察独身寮の隣室に侵入し、29万5千円と防犯カメラを盗んだとして、京都府警は1日、南署の男性巡査(28)を窃盗や住居侵入などの疑いで書類送検し、発表した。同日付で停職6カ月の懲戒処分にし、巡査は依願退職した。「遊ぶ金がほしかった」と容疑を認めているという。

 監察官室によると、巡査は昨年9~11月に計6回、20代の警察官が住む隣室に侵入し、現金などを盗んだ疑いがある。部屋は無施錠だった。被害者の勤務日を調べ、自らが休みの日に侵入したとみて調べている。何度も現金がなくなるので防犯カメラを設置したが、これも盗まれたという。

 西元博史・首席監察官は「職務倫理教養を徹底する」とのコメントを出した。