議員任期中の出産、戦後わずか120人程度 地方議会

有料会員記事

岡崎明子
[PR]

 女性に参政権が認められた戦後、任期中に出産した都道府県議会議員と市区議会議員が120~130人程度にとどまることが、東京都豊島区の永野裕子区議(45)が行った全国アンケートでわかった。議員は産休や育休を定める法律の対象外で、出産適齢期の女性にとってハードルが高いことがうかがえる。

 アンケートは昨年9~11月、47都道府県議会と814市区議会、東京都内の13町村議会の計874の議会事務局に依頼し、全議会から回答を得た。東京都以外の町村議会は、調査対象には含めなかった。

 任期中の女性議員が出産したと回答したのは、全体の1割超にあたる110議会で、出産数は計159。複数回出産した議員もいるため、重複分をのぞくと、実際に出産した人は120~130人程度だった。

 地方議会では2000年以降…

この記事は有料会員記事です。残り631文字有料会員になると続きをお読みいただけます。