[PR]

 下痢や発熱などを引き起こす細菌「カンピロバクター」による食中毒が和歌山市を中心に県内で相次いでいる。いずれも鶏肉を未加熱または加熱不十分な状態で食べたことによるものだった。なぜ店は鶏の生肉を提供するのか、予防はどうすれば――。

 和歌山市では今年2月、焼き鳥店などでカンピロバクターによる食中毒が4件立て続けに発生した。1月には田辺市でも1件発生し、今年に入って県内ではすでに5件。ここ10年で最多を更新した。いずれの店でも「加熱用」の表示がある鶏肉を未加熱または加熱不十分で提供していた。

 食中毒を起こした和歌山市内の居酒屋で働く従業員の男性は、「『加熱用』と書いてあったが、新鮮なので大丈夫だと思った」と語る。カンピロバクターは十分に加熱すれば死滅するが、「新鮮だから安全」ではない。同店では鶏の造りや生の肝、たたきを提供していたが、食中毒の発生を受けてメニューから消した。

 ただ、提供の背景には、客側の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら