[PR]

 福岡銀行は1日、スマートフォンを使う決済サービス「YOKA!Pay(よかペイ)」を始めた。小売店など128店舗で導入が決まっており、3年後には1千店以上に増やすことをめざすという。

 福岡銀に口座を持つ人が自分のスマホに専用アプリを入れることが必要。店頭でタブレット端末に示されたQRコードをスマホで読み取ると支払いが済み、口座から引き落とされる。

 横浜銀行が始めた同様のサービスと連携し、相互利用もできる。5月をめどに同じふくおかフィナンシャルグループ傘下の熊本銀行(熊本市)、親和銀行(長崎県佐世保市)でも利用できるようにする。店舗での導入を順次進めている大賀薬局(福岡市)の大賀崇浩社長は1日、報道陣向けの実演イベントで、「福岡銀行の口座数から考えると集客につながるのでは」と期待を示した。(柴田秀並)