[PR]

 川崎市の有料老人ホームで2014年、入所者の男女3人が相次いで転落死した事件で、殺人罪に問われた元職員の今井隼人被告(25)の裁判員裁判が1日、横浜地裁で結審した。検察側は「不合理な弁解に終始し、更生は期待できない」として死刑を求刑。弁護側は「被告を犯人と証明する証拠はない」などとして無罪を主張した。判決は22日に言い渡される。

 被告の起訴内容は、「Sアミーユ川崎幸町」に勤務していた14年11~12月、入所者の当時87歳の男性と、当時86歳、96歳の女性を施設のベランダから投げ落として殺害したというもの。

 検察側は論告で、被害者はいずれも高齢で身体能力が低く、ベランダの柵を自力で乗り越えることは難しいと指摘。すべての発生日に夜勤だったのは今井被告だけだった▽転落する入所者を名指しで「予告」していた▽警察や検察の取り調べに犯行を自白した▽逮捕前に家族に「殺した」と告白していた――ことなどから被告が犯人だと主張した。動機については「入所者を減らしたかったのと、心肺蘇生している姿を見せて評価されたかった」などと指摘した。

 一方の弁護側は最終弁論で、3人の被害者は自力で歩行でき、同じ程度の要介護高齢者がベランダから転落死した事例が他の施設で報告されているとして、「自殺や事故の可能性がないとは言い切れない」と主張。「予告」については「介護職員としての経験から危ないと感じる人を挙げただけだ」と訴えた。

 自白については、警察から黙秘権を告知されておらず、録音・録画が始まる前に「警察官による圧力や誘導があり、虚偽の自白や家族への告白をした」と主張した。

■自白の信用性が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら