[PR]

 左京区東大路通東鞍馬口角。住宅街の一角に、金曜の夜だけ開くバーがある。店先には「牧師バー」のタペストリー。店に立つのは牧師の藤原健久さん(49)だ。夜な夜な集う客の言葉に耳を傾け、ともに悩み、笑う。

 店内はカウンターとテーブル席あわせて10席ほど。ある夜。40代の男性客が、藤原さんに将来への不安を明かしていた。今の仕事を続けるべきか。自分は今後どう生きていくべきか。グラスの氷が溶けていくように、藤原さんはゆっくりと、じっくりと話を聴き、ともに考える。最後は優しく「頑張ってや」と男性を見送った。

 静かに時間が流れる夜もあれば、冗談が飛び交う明るい夜もある。初めて店を訪れた大学生の秋本沙紀さん(22)は「誰でも受け入れてくれる雰囲気の店。話ができて、元気になった」と笑顔で家路についた。

 藤原さんは京都聖マリア教会の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら