[PR]

 韓国の平昌で9日、障害者スポーツの祭典、冬季パラリンピックが開幕する。県関係では、県内出身や県内に活動の拠点を置く12人が、アルペンスキーやパラアイスホッケーに出場する。9日に開会式があり、10日から各種競技が始まる。

 アルペンスキー男子では、座位に狩野亮選手と夏目堅司選手、立位に三沢拓選手と小池岳太選手が出場する。

 狩野選手は、2010年のバンクーバー、前回のソチの2冠に続く3大会連続の金メダル獲得を目指す。夏目選手は3大会連続出場。体幹の重要性をソチ大会で痛感した経験から、腹式呼吸などのトレーニングを重ねてきた。44歳ながら、体の状態は「ソチより強い」。スーパー大回転で表彰台を狙う。

 三沢選手は昨年末に左大腿(だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも