[PR]

 全国を歩いて縦断しながら、「がんサバイバー」への支援を呼びかけている日本対がん協会の垣添忠生会長(76)が1日、大阪市の大阪国際がんセンターと大阪医療センターを訪問した。垣添会長は「2人に1人ががんになる時代。がんになっても安心して暮らせる社会を訴えていく」と話した。

 「がんサバイバー」はがんと診断されたことのある人を指す。国立がんセンター(現・国立がん研究センター)の総長も務めた垣添さんは、自身も大腸がんと腎臓がんのサバイバー。サバイバーへの理解を広めようと、「がんサバイバー支援ウォーク」を始めた。2月5日に福岡を出発、7月下旬の札幌まで3500キロの総移動距離の大半を歩いて全国32病院を訪れる。

 大阪国際がんセンターではセンターの松浦成昭総長や患者会の代表らと面談。2003年に乳がんになり、「がん患者サポートの会ぎんなん」の代表を務める辻恵美子さん(74)は「病院内で患者の相談を受けるための専従職員を増やして欲しい」と要望。垣添さんは「ようやくケアに目が向けられてきた。拠点病院なら全国どこでも相談できるよう、声を上げていく」と話した。他にも、がんでも継続して働けるよう支援を求める声もあった。

 得た寄付金は、日本対がん協会のがんサバイバー・クラブ(https://www.gsclub.jp/別ウインドウで開きます)内につくる患者の交流サイトの開発に充てられる。

<アピタル:ニュース・フォーカス・その他>

http://www.asahi.com/apital/medicalnews/focus/