[PR]

 エルサレムで1日、日本の漫画やアニメのファンが集まる祭典が開かれ、コスプレをした男女ら3千人超が参加した。冨田浩司・駐イスラエル日本大使も人気ゲームキャラクター・マリオの双子の弟ルイージに扮して登場し大歓声を浴びた。

 祭典は、「イスラエル・漫画アニメ協会」が、子供や若者らが仮装して町に出るユダヤ教の祭り「プリム」に合わせて毎年開催している。同祭典で講演するために、中東を初めて訪れたというパリ在住の漫画家カタヒラヨシミさん(43)は「日本の漫画・アニメのあまりの人気にびっくりした」と話した。

 冨田大使は緑の帽子のルイージの仮装をしたが、安倍晋三首相は2016年のリオデジャネイロ五輪の閉会式で、赤い帽子をかぶってマリオに扮し登場したことがある。(エルサレム=渡辺丘)

こんなニュースも