【動画】噴火した新燃岳は依然、噴煙が高く上がっている=堀英治撮影
[PR]

 宮崎・鹿児島県境の霧島連山・新燃(しんもえ)岳(1421メートル)では、4カ月ぶりに噴火した1日から小規模な噴火が続いている。気象庁によると、新燃岳は1日午前11時ごろに噴火。2日午前11時現在も高さ約200メートルの噴煙が上がっている。噴火警戒レベルを3(入山規制)に維持したまま、火口から半径3キロ圏では大きな噴石に注意を呼びかけている。

 ふもとの宮崎県高原町では職員を役場に24時間常駐させ、警戒している。避難所も開放しているが避難者はいないという。(小出大貴)

関連ニュース