[PR]

 もうじき進級・進学のシーズンです。子どもにスマートフォンを買い与えようという保護者も多いと思います。そのとき心配なのが、子どもの保護。スマートフォンの使いすぎや害のある情報などを防がなくてはなりません。今回はその基本と、独自の工夫をしている通信事業者を紹介します。(ライター・斎藤幾郎)

スマートフォンの機能制限は難しい

 子どもにスマートフォンを持たせるとき、保護者の心配ごとは大きく二つあります。

 一つは、インターネットで変な情報を見たり見知らぬ人とコミュニケーションを取り合うなどして、嫌な思いをしたり事件に巻き込まれたりすること。もう一つは、おしゃべりやゲーム、動画視聴などに夢中になって、時間やお金を使いすぎることです。

 携帯電話(ガラケー)の時代なら、端末の開発やサービスの提供は通信事業者が主導していたので、通信事業者による「フィルタリング」の契約を有効にするだけで、子どもがアクセスできるウェブサイトや使えるサービスを制限できました。全ての通信が通信事業者の回線や設備を経由するため、接続先のコントロールも比較的容易です。

 しかし、スマートフォンの時代になって、話はそう簡単ではなくなりました。スマートフォンの開発は、AndroidのグーグルやiOS(iPhone)のアップルが主導する形となり、アプリも世界中で開発されています。通信事業者がコントロールできる部分は減ってしまいました。通信にWi-Fi(無線LAN)を使えば、通信回線すら事業者のものを使わずに済んでしまいます。

 ある程度であっても、機能を制限するためには、子どものスマートフォンで各社が用意するアプリ(NTTドコモ、ソフトバンクモバイル、auでは「あんしんフィルター」)やOSに用意された機能などを使い、不適切なウェブサイトへのアクセスを制限するフィルタリングと、アプリの利用や追加を制限する「機能制限」を正しく設定する必要があります。ただし、iPhoneはOSの制限により、外部から制限できる機能の範囲があまり広くありません。

 また、これらを子どもが勝手に無効化しないよう、保護者が管理用のパスワードを登録し、設定を行わなくてはなりません。作業を通信事業者のサービスカウンターで依頼できる場合もありますが、設定変更が必要なとき、いちいちカウンターに出向くのは面倒です。

 また、シマンテックやマカフィーといった情報セキュリティー企業なども、スマートフォンの機能制限やフィルタリングを行うアプリを提供しています。保護者が自分の端末から子どもの利用状況を確認したり、設定を調整したりできるスマートフォン・アプリやパソコン向けウェブサイトも用意されています。

 そこまでやっても、ウェブをちょっと検索すれば、そうした機能制限を解除する「裏技」の動画やウェブページがたくさん見つかります(ちなみに、一番単純な方法は、スマートフォンを出荷時の状態に戻して再設定することです)。

独自の工夫を組み込むトーンモバイル

 保護者にとって頭の痛いテーマですが、MVNO(仮想移動体通信事業者、いわゆる格安通信事業者)のトーンモバイルがユニークな取り組みをしています。

 同社は、独自に手を加えたAn…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも