[PR]

 平昌パラリンピックのスノーボードに出場する成田緑夢(ぐりむ、24)が12日、初滑走に挑む。兄は2006年トリノ五輪に出た成田童夢(どうむ)さん(32)。オリンピアンの兄が、パラリンピアンの弟にエールを送る。

 緑夢は、いずれも元五輪代表の童夢さん、今井メロさんの弟。1歳の時から3人一緒で雪山に行くのが日常だった。緑夢は「スノボ一家に生まれたのでそれ以外の選択肢はなかった」と振り返る。

 熱血指導の父の下、童夢さんとメロさんは兄妹で06年トリノ五輪のスノーボード代表に選ばれる。ところが本番で童夢さんは着地に失敗し、メロさんは転倒。ともに予選で敗退し、力を出し切れずに終わった。

 当時、緑夢は小学6年生。2人の背中を追って五輪を目指したが、19歳でトランポリンの練習中に大けがを負い、左足に障害が残った。医師からは「スポーツはもうできないかも」と告げられた。

 落ち込む日々を経て、緑夢は試行錯誤しながら競技を再開。高い身体能力と練習量で左足をカバーし、パラリンピックの代表となった。兄はそんな弟に対し「ただただ楽しく滑ってほしい。そうしたら結果はついてくる」と話す。

 童夢さんには苦い記憶がある。五輪の競技前に取材を受けた際「日本代表としてデカイ花火を打ち上げたい」「童夢のフルコースを召し上がれです」と豪語し、滑走前には雄たけびをあげた。結果が出なかっただけにそれが「ビッグマウス」と批判され、帰国した空港では「すみません」と陳謝した。「足が震えて、奇声をあげないとあの場に立っていることすらできなかった」

 成田家では五輪に出ることが「義務」だった。童夢さんは当時を「心の安息地はアニメ。録画していたものを夜な夜な見て、精神を保っていた」と振り返る。苦しんだ経験があるからこそ、弟には「好きという気持ちを大切にしてほしい」との思いが強い。自身と比較して緑夢について「果敢に挑んで淡々とこなす能力が高い」と太鼓判を押す。

 兄は今回、会場となる韓国・平昌に行って応援する。ただ、現地に行くことは伝えていない。「出場前ははやし立てるのに、ダメならたたく。そういう周りの反応が嫌だったから、緑夢には競技に集中してほしい」

 緑夢は兄の心配をよそに、こう話す。「これまでは成田ファミリーの夢を追いかけていたけど、今は自分で道を切り開いている実感がある。挑戦も失敗も楽しい」

 緑夢は12日、選手2人が同時にスタートしてタイムを競うスノーボードクロスに挑む。16日には、各選手が旗門のコースを滑ってタイムを競うバンクドスラロームにも出場する。(西村奈緒美)