[PR]

 脳梗塞(こうそく)は、早く対処すれば退院後に元通りの生活ができる可能性が高まる。そのため埼玉県は1月から、救急車で搬送しながら脳梗塞患者の受け入れ可能な病院をリアルタイム検索できるネットワークシステムの運用を本格的に始めた。システムの効果を引き出すため、救急隊員も脳梗塞の疑いを迅速に判断できるようセミナーも実施。そのセミナーに参加し、一般にも役立つポイントを聞いた。

 血のかたまり(血栓)が脳内でつまる脳梗塞は、点滴や血管内治療で、血栓を溶かしたり、取り除いたりする治療が進歩している。この治療に早くスムーズにつなげるのがカギとなる。

 とはいえ、むやみに救急車を呼ぶことを遠慮する人も多いだろう。どのような症状が出たら脳梗塞を疑えばよいのか。このほど、さいたま市民医療センター(同市西区)で、県内の救急隊員約50人を対象にした、専門医によるセミナーでポイントを聞いた。

 そこで、脳梗塞の疑いを評価す…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら