[PR]

 コンビニエンスストアが魚や海産物を使った総菜に力を入れている。総菜は高齢者や共働き世帯の増加でニーズが高い。これまで取り扱いが難しかった魚を充実させ、スーパーから客を奪う可能性もある。

 セブン―イレブン・ジャパンは2日、自社ブランド「セブンプレミアム」から売り出した魚総菜の販売数が2017年度に5千万食を超えたと発表した。10年の発売以来、徐々に伸ばし、金額ベースでは前年度比2割増だった。

 元々、冷凍保存ができて賞味期限が長いレトルトパウチ方式の商品を販売。だが、「焼き魚なのにニュルッとしておいしくない」(担当者)。昨年から国内3工場でトレー容器に入った低温冷蔵方式のチルド商品を製造。全国展開が可能になった。

 サバの塩焼き(税込み280円)やホッケの塩焼き(同300円)は、焼き魚のぱりっとした食感があって好評だ。「全国に供給力がないと提供できない商品」と自信を見せる。魚総菜は店頭に常時7~8商品が並び、9割超の店舗が取り扱う。

 ローソンでも、魚総菜は昨年1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら