【録画】羽生竜王、A級順位戦最終局を解説
[PR]

 2日朝に静岡市葵区の料亭「浮月楼(ふげつろう)」で始まった第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の最終11回戦5局は、いずれも熱戦が続いている。「将棋界の一番長い日」と称される注目の戦いの決着は、深夜に持ち越されそうだ。

 今期は11人が、佐藤天彦名人(30)への挑戦権と残留を巡って争っている。6勝3敗の1番手で並ぶ久保利明王将(42)と豊島将之八段(27)は、それぞれ深浦康市九段(46)、広瀬章人八段(31)と対戦。作戦は久保王将が得意の振り飛車、豊島八段が横歩取りで、いずれも中盤戦の勝負どころを迎えている。両者が敗れた場合は、5勝4敗の稲葉陽(あきら)八段(29)、広瀬八段、佐藤康光九段(48)と、6勝4敗で全日程を終えている羽生善治竜王(47)にも挑戦の目が出てくる。

 B級1組への降級枠は3で、屋敷伸之九段(46)は降級が決まっている。渡辺明棋王(33)、深浦九段、三浦弘行九段(44)、行方尚史八段(44)に降級の可能性がある。

 最終一斉対局は例年、東京で行われるが、今年は静岡での開催となった。現地では、棋士による大盤解説会や指導対局が行われた。

     ◇

 棋譜は中継サイト(http://www.asahi.com/shougi/)でご覧いただけます(有料会員限定)。(村瀬信也