[PR]

 リニア中央新幹線建設を巡る談合事件は、大手ゼネコンから逮捕者が出る事態となった。真相の解明は進むのか。捜査の背景は。

 東京地検特捜部は、談合を認めた大林組元副社長や清水建設元専務らの供述をもとに、受注調整の詳細を把握したとみられる。

 複数の関係者によると、大林組元副社長らの供述では、元副社長が大学の同級生だった大成建設元常務の大川孝容疑者(67)とリニア工事に関する話し合いを始めた後、鹿島土木営業本部専任部長の大沢一郎容疑者(60)、清水建設元専務を加え、大手4社で受注調整する枠組みをつくった、とされる。談合の理由は「JR東海の各工事の想定価格では赤字になるので、黒字を確保するため」などと供述しているという。

 4社が受注調整の対象にした品…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら