[PR]

 全国で唯一、刑務所の中にある中学校で8日、3人の男性受刑者が卒業式を迎えた。それぞれの事情で、義務教育を十分に受けられなかった受刑者たちは1年間の勉強を終えて「次は高卒の資格を取る」「幼い娘に勉強を教えたい」と夢を膨らませる。

 今月2日、長野県松本市の松本少年刑務所内にある、市立旭町中学校桐(きり)分校の教室で2人の受刑者が習字の授業を受けていた。

 「手首は動かさず、腕で字を書く。漢字は書き順も大切です」

 国語の教員免許を持つ女性刑務官の言葉に耳を傾けた2人は墨をすり、黙々と筆を走らせた。私語はなく、目は真剣だ。

 20代の男性受刑者は、家庭の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら