[PR]

 米中西部ミシガン州のセントラル・ミシガン大学の学生寮で2日朝、銃撃があり、2人が死亡した。容疑者は男子学生(19)で、銃を持ったまま逃走しているとみられ、地元警察が行方を追っている。家庭内のもめごとが事件の背景にあるとみられている。

 地元メディアによると被害者は容疑者の母親(47)と父親(48)という。

 AP通信によると、春休み前の最終日で、多くの保護者が子どもを迎えに来ていた。大学は学生や保護者らに避難を呼びかけた。2人のほかに負傷者はいないという。学生数は約2万3千人。

 米国では2月14日、フロリダ州の高校で元生徒による銃乱射があり、生徒ら17人が死亡。銃規制を求める若者の声が上がり、連射装置の禁止や販売年齢の引き上げが議論されている。(ニューヨーク=金成隆一