[PR]

 5歳の長女に暴行を加えてけがをさせたとして、警視庁は3日、父親で無職の船戸雄大容疑者(33)=東京都目黒区東が丘1丁目=を傷害の疑いで逮捕し、発表した。長女は2日夕、意識不明の状態で自宅から病院に搬送され、死亡した。船戸容疑者は「言うことを聞かないので数日前に拳で殴った」と容疑を認めているという。

 捜査1課によると、船戸容疑者は2月末ごろ、自宅で長女の結愛(ゆあ)ちゃんの顔を殴るなどして全治不明のけがを負わせた疑いがある。風呂場で2人でいるときに殴ったと説明しているという。結愛ちゃんの両目付近にはあざがあり、体には数カ所皮下出血があった。

 2日午後6時ごろ、船戸容疑者が「数日前から食事を取らず嘔吐(おうと)し、心臓が止まっているようだ」と119番通報した。救急隊員らが駆けつけたところ、意識不明の状態の結愛ちゃんを発見したという。船戸容疑者は結愛ちゃんと長男(1)、妻(25)の4人暮らし。同課は日常的な暴行がなかったかも調べている。