写真・図版

[PR]

 2日に静岡市で最終11回戦5局が指された第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)は、まれにみる劇的な結末を迎えた。佐藤天彦名人(30)への挑戦権は史上最多の6人によるプレーオフに持ち越され、トップ棋士の渡辺明棋王(33)がB級1組に降級した。挑戦者は、変則トーナメントで今月中に決まる見込み。

 稲葉陽(あきら)八段(29)、羽生善治竜王(47)、広瀬章人八段(31)、佐藤康光九段(48)、久保利明王将(42)、豊島将之八段(27)が6勝4敗で並んだ(前期の成績に基づく順位順)。初戦の久保―豊島戦は、4日に指される。その勝者が、10日に佐藤九段と対戦。その後は広瀬八段、羽生竜王、稲葉八段の順に登場する。久保王将、豊島八段の両者は5勝が必要だが、稲葉八段は1勝で挑戦権を獲得できる。

 名人戦七番勝負は4月11日、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら