[PR]

 第73回びわ湖毎日マラソンは4日、大津市の皇子山陸上競技場発着のコースで争われ、初マラソンのマチャリア・ディラング(愛知製鋼、ケニア)が2時間7分53秒で優勝した。日本選手のトップは7位の中村匠吾(富士通)で2時間10分51秒で、中村は2020年東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権を獲得した。(記録は速報値)

こんなニュースも