[PR]

 女性で将棋界初の棋士を目指していた女流棋士の里見香奈さん(26)が4日、棋士養成機関「奨励会」の三段リーグ戦の全対局を終え、退会した。同リーグ戦の残留に必要な規定の成績を挙げられず、年齢制限により今回が最後の参加となることが決まっていた。

 半年をかけて行う三段リーグ戦は、成績上位2人に入ると四段に昇段し、プロになれる。里見さんは同日、2連敗で、最終成績は7勝11敗だった。「今は何も申し上げられません。これからのことはゆっくり考えたい」とのコメントを出した。女流棋士としては、六つある女流タイトルのうち、現在五つを保持している。棋士になるにはプロ編入試験を受ける道もある。

 将棋のプロには棋士と女流棋士の2種類があるが、「女性棋士」はまだ誕生していない。里見さんは2004年に女流棋士としてデビュー。その一方で、11年に奨励会に入り、13年には女性で初めて三段に昇段していた。(村瀬信也