[PR]

 小学生や親子が一緒にマラソンを楽しめる大会が25日、福山市の緑町公園で開かれる。走る楽しさを伝える教室を運営している「走健塾」(板倉具視代表)が初めて企画した。お笑い芸人でランナーとしても知られる間寛平さんをゲストに招く。

 走健塾は箱根駅伝の優勝ランナーだった板倉代表や、アテネ五輪女子マラソン日本代表の坂本直子さんらが指導。大会に参加できるのは小学生とその保護者。小学生だけの部門は学年別・男女別に分かれ、1、2年生は1・5キロ、3、4年生は2キロ、5、6年生は3キロを走る。親子リレーマラソンは低中高学年別であり、子ども1キロ、保護者2キロの計3キロで、最後は親子が手をつないでゴールする。

 午前10時の1年生男子から順次スタートし、最後のコースのスタートは高学年の親子リレーで午後2時40分。閉会式後はお楽しみじゃんけん大会もある。無料。スポーツ保険などは各自で加入。氏名(ふりがな)、生年月日、学年、電話番号を明記し、前日までにメール(info@55run.jp)で申し込む。(広津興一)