[PR]

 中国は、人工知能(AI)の分野で世界のリーダーとなり、2030年までに1500億ドル産業を創出するとの計画を明らかにした。昨年7月のことだ。

 英文に翻訳して28ページ分あるこの声明は、米国のAI分野で働くハイテク技術者にとって、今後数十年にわたり最も重要な技術開発を米国が主導することへの正面切った挑戦状である。AI分野における中国政府の積極政策の概要は、あたかも月面着陸の使命を負ったアポロ11号計画(訳注=米ソ冷戦時代の1950年代から60年代末、米国がソ連に対抗して力を入れた国家事業としての宇宙開発プロジェクトの一つ)の中国版だ。国家の威信をかけ、技術躍進に向けた課題設定へと誘う。

 声明はまた、米オバマ前政権が2016年末に公表したAIの将来に関するいくつかの報告書と驚くほど類似している。

 「AI開発が中国指導層の最優…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

こんなニュースも