[PR]

 JR多治見駅南の商業施設などを解体後、跡地に新たな商業施設やオフィス、分譲マンションなどを建設する「多治見駅南地区市街地再開発組合」が5日、設立された。2022年6月完成をめざす。赤塚勝彦理事長は「ひとつの大きなハードルを越えた。多治見の顔として素晴らしい建築を」と語った。

 多治見市などによると、対象区域は駅に隣接する駐車場や商業ビルなど2ヘクタール。商業施設やオフィス棟、27階建ての分譲マンション、5層6段の駐車場棟を新設する計画で、事業費は210億円。事業協力者は竹中工務店とフージャースコーポレーション。

 完成予定は当初計画より1年3カ月遅れた。古川雅典市長は「(事業費圧縮のため)意図的に遅らせた」と説明。東京五輪が2年後に迫り建築費などが高止まりしており、竹中工務店の意見も参考にしたスケジュールという。

 中心テナントはスーパーを想定。「数社と交渉中。質の高いものを提供したい」と関係者。各地で再開発が苦戦する例もあるが、「うまくいっていないのは2割ほど。よりよいものにしていきたい」とした。(松下和彦)