【動画】弓削島の島民たちが手探りで開発した「弓削塩」=堀江麻友撮影
[PR]

 瀬戸内海に浮かぶ弓削島は、「サイクリングの聖地」として知られるようになった瀬戸内しまなみ海道が通る広島県・因島の南東にある。フェリーや高速船の航路が多く、因島からだと最短10分で渡れる。

 NPO法人「弓削の荘」の製塩所は、「弓削瀬戸」と呼ばれる海に面し、かつて大工の作業場だった建物をそのまま使っている。塩作りの燃料は町内外から集めた廃材で、コストカットが主な目的だ。村上知貴さんは「ガスは費用がかかりすぎて使えない。燃料はすべて地域の人からいただいたもの。使えるものはすべて使っている」と話す。

 弓削塩の生産量は月に約100キロ。「ビジネスとしては成り立っていない。塩を売るのが目的ではないので、宣伝もそこまでしていない。でも、歴史に後押しされて自然に広まっていく」と村上さん。「あなたが取材に来たのもそういうことでしょ」と笑った。製塩所の近くに住む浜長子さん(76)は「弓削には歴史があるので、島の塩を誇りに思う」と喜んでいた。

 弓削塩は、知貴さんの妻・律子…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

関連ニュース