[PR]

 米国防総省のマニング報道部長は5日、訪朝した韓国の特使団と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談について、「南北間の対話を支持する」と記者団に語った。その上で、米韓関係について「強固な同盟関係であることに疑いの余地はない」とも強調した。

 マニング氏は対話の行方について「慎重ながらも楽観している」とも述べ、対話の進展が緊張緩和につながることに期待感を示した。

 一方、国務省当局者は5日、朝日新聞の取材に対し、「完全かつ検証可能な非核化の実現に関しては交渉の余地がないという米国の立場を伝えるため、北朝鮮と対話する用意がある」と指摘。韓国政府とは、朝鮮半島の非核化に向けて北朝鮮に最大限の圧力をかける政策について緊密に連携していることも強調した。(ワシントン=峯村健司)

こんなニュースも