[PR]

 生後2カ月の男児に暴行を加え、殺害しようとしたとして、群馬県警は母親(29)の内縁の夫で無職森田誠容疑者(32)=群馬県高崎市=を殺人未遂の疑いで逮捕し、6日発表した。男児は急性硬膜下血腫や多発性肋骨(ろっこつ)骨折などのけがをしていて意識不明の状態。森田容疑者は「(男児は)自分の子どもです。殺すつもりはありませんでした」などと殺意を否認しているという。

 高崎署によると、4日午前に自宅で、同居していた生後2カ月の男児の鼻と口を手でふさいだり、抱き上げて全身を揺さぶったりして殺害しようとした疑いがある。同日午前10時ごろ、母親から「息子が息をしていない」と消防に通報があった。5日午前に搬送先の病院の医師から「虐待の疑いのある男児が病院に運ばれた」と警察に通報があった。

 医師は警察に「揺さぶられ症候群の可能性が高い」と指摘。骨折などの状態から「日常的に虐待を受けていた可能性がある」とも伝えた。母親は警察に「ふだんから虐待があったが、怖くて止められなかった」などと話しているという。

 県西部児童相談所によると、昨年11月下旬、母親から電話で「(森田容疑者は)病気で働けない」「妊娠中だが出産後の養育費がなく、生まれた子を施設に預けたい」などの相談があった。児相内で、出産後に子どもを一時保護すべきかなどを話し合ったが、その後、母親は「親に協力してもらって2人で育てます」と話したという。

 森田容疑者の自宅マンションの隣の部屋の女性は「交流はなかった。『カン』とか『ドン』とか物を蹴るような音を何度か聞いた」と話した。