[PR]

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長が韓国の特使団と会談したことについて、菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で「韓国側から現時点で特段の説明を受けていない。これから説明を受けたい」と述べた。

 菅氏は「北朝鮮が完全で検証可能、不可逆的な方法で核・ミサイル計画を放棄することにコミットし、具体的な行動を示すよう働きかけていくことが極めて大事だ」と改めて日本政府の立場を強調。「対話のための対話はまったく今まで意味がなかった」と指摘し、日米韓で情報を共有して綿密に政策をすり合わせる必要性を訴えた。

こんなニュースも